2017年12月8日金曜日

大塚製薬株式会社・福井県精神保健福祉士協会 合同研修会の報告

 平成29年11月26日(日)にAOSSA 6階研修室にて大塚製薬株式会社と福井県精神保健福祉士協会の合同研修会『精神疾患の基礎知識と多職種連携~医師の立場から~』が行われました。非会員23名を含む48名の方にご参加いただきました。


 当協会の田畑副会長の挨拶から始まり、まず始めに大塚製薬株式会社 学術部の方より『エビリファイLAIとリカバリーロードマップの活用』ということで、薬剤に関する情報や統合失調症の急性期~回復期~維持期におけるリカバリー(回復)にむけた準備について、リカバリーマップを用いて説明していただきました。




 その後、福井大学医学部付属病院 神経科精神科 准教授 東間 正人 先生による講演会『精神疾患の基礎知識と多職種連携~医師の立場から~』が行われました。
近年の精神疾患の動向に始まり、「統合失調症」「気分障害」について、症例をもとに症状や診断基準、薬物治療のメカニズムについて分かりやすく講義していただきました。
 
福井大学医学部付属病院 神経科精神科 准教授 東間 正人 先生


 その中で、「症状の回復と生活機能の回復にはズレがあること(リカバリーギャップ)」「実生活の充実はギャップを埋めるだけでなく、症状の回復にも貢献する可能性があること」を学びました。
 また、クライエントのリカバリーに向けて医療機関での治療以外でも様々なサービスの提供が必要であり、各職種がお互いの基本的知識や業務を理解した上でダイナミックな連携を図ることの重要性を学びました。





 講演後、福井県立大学 吉川先生によるグループワークが行われました。
東間先生の講義を振り返って「疾患そのものの理解」「治療について」「どのような形で私たちが支援をしていくか?連携をしていくか?」を話し合いました。

福井県立大学 看護福祉学部・社会福祉学部 教授 吉川公章 先生



話し合いの中で「精神科医がPSWに求めることは何か?」といった意見があり、東間先生に質問をしました。






東間先生からは、「医師の見解とは別に、『そのクライエントがどのような福祉サービスの利用が可能か?どのようなことができるのか?』ということを専門職の方から医師に提案していただきたい」また、「専門職の方は『自分の仕事がどれくらいクライエントのメリットになっているのか』をアピールしていただきたい」というご回答をいただきました。



 研修を終えて、参加者の皆様からは「精神疾患の基礎知識、リカバリーギャップについて学ぶことができて良かった」「東間先生の講義とグループワークの後のコメントがとても参考になった」「地域生活に関わっている中で、医療との連携で悩む事が多かったのですが、ヒントをいただけた」
といった感想があり、とても実りのある研修でした。


2017年12月4日月曜日

平成29年度 精神保健福祉士国家試験関連のお知らせ


2017年度 社会福祉士・精神保健福祉士全国統一模擬試験およびweb講座について会員および構成員の皆様にご案内いたします。



[主催] 株式会社テコム 福祉教育カレッジ








「発達障害支援人材育成研修会 2017(後期)」のお知らせ






一般社団法人 日本発達障害ネットワーク(JDDnet)より、山梨県で開催される「発達障害支援人材育成研修会 2017(後期)」のお知らせがありましたのでご案内致します。






発達障害支援人材育成研修会 2017(後期)
日 程:2018年1月27日(土)
時 間:10:00~16:30(9:30 受付開始)
会 場:山梨英和大学
    (〒400-8555 山梨県甲府市横根町888)
テーマ:「大人の発達障害
参加費:5,000円(資料代として) ※要事前振込
定 員:200名(先着順)  ※2018年1月21日(日)締切
申込み:[お問合せ先]JDDnet事務局  E-mail:office@jddnet.jp
    [申込方法]JDDnetホームページ申込専用フォーム(http://jddnet.jp)よりお申込み下さい






2017年11月6日月曜日

平成29年度 新人研修および秋季研修会、事例検討会②の報告

 平成29年10月14日(土)・15日(日)の2日間で行なわれました新人研修および秋季研修会、事例検討会の様子をご報告します。





 1日目の10月14日(土)は10:30~新人研修が行われました。対象は経験年数が1年未満の方で、4人の方が参加されました。
グループワークを中心に日々の実践を振り返る中で、皆さん現場に出て1年目という同じ立場の者同士で共感する部分が多くあったようでした。


 午後から秋季研修会が行われ、福井県高次脳機能障害支援センター 支援コーディネーターの中島裕也先生による講演会「ICF(国際生活機能分類)の理解と活用~高次脳機能障害者支援事例を通して~」から始まりました。
 ICFの概念、高次脳機能障害の特徴と対応、ICFの活用法について事例を通して分かりやすく講義していただきました。クライエントの定的側面、否定的側面の両方をICFを通して可視化することで、課題の抽出や問題の構造をしっかりとつかめるようになることを学びました。


福井県高次脳機能障害支援センター 中島裕也 先生

 講義後は経験年数ごとに分かれてグループワークを行いました。退院調整場面を想定した事例を用いて、各グループが実際にICF分析を行い、その結果を発表しました。













 






その後は福井県立大学 吉川先生のコーディネートのもと、ICF分析をした事例を通しての支援課題を検討し、各グループで発表を行いました。




















 講義・グループワークを通して、「ICFの概念が整理できた」「全体を見わたすICFの考え方も取り入れて今後のかかわりに活かしていきたい」といった感想が多く、とても学びの多い時間でした。
 中島 裕也 先生ありがとうございました。







 2日目の10月15日(日)は10:00~事例検討会が行われました。今回は福井厚生病院 森島豊さんより身体的愁訴が多く、操作的な方の支援について」というテーマで事例を提供していただきました。この事例を基にそれぞれのかかわりについて振り返りました。
福井厚生病院 森島 豊 さん


「ソーシャルワークとは何をすることか?」「どんな問題を支援しているのか?」「基本的な視点・姿勢について」など吉川先生からの投げかけについてグループごとに話し合いました。





















 グループでは日々のかかわりを言語化することの難しさや、私たちがかかわる課題は多様であることを認識しました。時には当事者とのかかわりの中でストレスを抱えることもあります。傾聴や受容が基本だとはわかっていても、当事者への継続した熱意を持ち続けることが大変だという意見もありました。

 吉川先生のお話やグループワークを通して、ソーシャルワーカーとして生活者の視点を持ちつつ、今焦点を当てる課題は何かを意識してかかわる視点が大切だということを学びました。改めてソーシャルワーカーとしての在り方を考えることができた事例検討会でした。


2017年10月16日月曜日

第47回 全国社会福祉教育セミナーのお知らせ(日本ソーシャルワーク教育学校連盟より)






一般社団法人 日本ソーシャルワーク教育学校連盟より、「第47回 全国社会福祉教育セミナー」のご案内が届きました。





第47回 全国社会福祉教育セミナー
[日時]平成29年11月4日(土)・5日(日)
[場所]北星学園大学
    (北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1)

※研修要綱・申込み方法等は資料をご確認下さい。
※「事前早割申込期間」がすでに終了していますが、事務局に案内が届いたのが10/16(月)であったためご了承下さい。





2017年10月11日水曜日

福井県共生社会条例(仮称)策定にあたっての当協会の見解について


先日、会員の皆様にご意見を募集しました福井県の「共生社会条例(仮称)」策定について、当協会社会活動部会を中心に理事会において見解を取りまとめました。



【標題】 共生社会条例(仮称)策定にあたっての見解 
【日付】平成29年9月27日
【発信者】福井県精神保健福祉士協会 会長 福山佳之
【提出先】福井県健康福祉部障害福祉課 殿